感応時間7 ~春の賛歌と神隠しの岩屋~サンプル盤到着♪

感応時間7 サンプル盤 外観

収録のさなか、音監をお願いしているガジェットリンクのHさんに「今回はいつものような意地の悪さがなく……さわやかというか……どうしたんですか?」と言われた、(ひつじぐも的)問題作。

人間誰だって、純愛ぶりたい時もあるんじゃないですか……っ。

さて、初回盤には今回も帯にマークが入っています。参考にしてくださいね。

感応時間7 サンプル盤 バックインレイ

今回このバックインレイ(CDをセットする側の印刷物のこと)、感応時間7 ~春の賛歌と神隠しの岩屋~に出てくるアイテムのひとつ、盃を模してもらいました。

ここに、着物をイメージさせる、金と黒であしらったCDをセットすると、とてもシブい!! 金といっても鈍い、銅のような色合い。この選択が吉と出たのかもしれません。

感応時間7 サンプル盤 ブックレット

いつものアレですが、今回は民俗学者の手記をイメージしています。神々のお話を近代の学者が分析すると……という筋立てですね。熊野というと、京都をイメージされる方が多いと思うのですが、私が感応時間7 ~春の賛歌と神隠しの岩屋~の舞台にイメージするのは大分の熊野、大分の山々なのでした。

スタッフとその家族で行った地獄巡り楽しかったなぁ。また行きたい!(温泉卵おいしい)

パッケージはこんな感じです。そうそう、先週、各店舗の特典を公開しましたが、ご覧いただけておりますでしょうか?

本編は神々のお話がテーマだということもあり、風呂敷を広げられそうなところを、CDで「聴いて」理解できる範疇におさめたつもりです。

が、書きたかったお話がまだまだあるぞ……!

ということで、それらを特典とさせていただきました。どれも短編が付属していますので、是非読んでください!

感応時間7 サンプル盤 バックインレイ

法人サービスのご案内

ひつじぐもと協業のご提案

PRや各種ゲームコンテンツの製作を承ります。イラスト制作、シナリオ制作、ゲーム開発、シチュエーションCD企画など。短納期のシナリオ制作も得意です。一度お問い合わせください。