第2話「催眠大戦」

第2話 催眠大戦

~前回までのあらすじ~

甘味処のオーナーに啖呵を切ってしまったお嬢様。

一波乱起きそうな気配がいたしますね。

オーナー・ニヤリ

催眠をかけても、本当に良いのですか? 私は手加減……できませんよ?

姫・怒り

良い! わらわは甘味屋の催眠などにはかからん。わらわを催眠にかけられるのはそこに控えておる執事だけじゃ!

オーナー・ニヤリ

ふ~ん。

執事・悲しい

……お、お嬢様……。

オーナー・笑顔

なるほど、面白いですね。では、少々、大事なお嬢様をお借りしてよろしいでしょうか?

執事・基本

いえ。お嬢様がそのような事はする必要ございません。お部屋へ戻りましょう。今日は、私の特製タルトをご用意致します。その後また、ゆっくりと催眠のお時間を。

姫・照れ

ば、ばかものっ! わらわを勝手に担ぐでない!!

オーナー・笑顔

お嬢様。あちらに甘い、あま~いきんつばを用意しましょうか?

姫・照れ

執事・怒り

食べてはなりませんっ! お嬢様!!

オーナー・笑顔

あまーい、あまーい、きんつば。とろけるようなきんつば。それはお嬢様の舌を包み込み、どこまでも熱く、とろけます。

姫・照れ

(じゅるり)

執事・基本

お嬢様?

姫・照れ

……きんつば食べたい。

姫・怒り

きんつばをよこせ、よこすのじゃ、執事っ!

執事・悲しい

あ、あばれてはなりません、お嬢様……!

オーナー・ニヤリ

くっくっく。どうやら私の声が体に届くようですね?

執事・怒り

これは大好物のきんつばに誘われているだけだ。

オーナー・ニヤリ

そうなのですか? では……。

オーナー・笑顔

お嬢様の可愛らしいお口に、甘いきんつばを放り込んで差し上げましょう。ほら。お嬢様の元へ……甘い、香ばしい香りが、漂ってきたでしょう?

姫・照れ

香ばしい、香り……。

執事・照れ

お嬢様にはたっぷりと、熟れたアンジールをご用意しておりますよ。お嬢様の大好きな、私が心を込めてお作りした、アンジール。今すぐに取りに参りましょう。2人の庭園へ足を踏み入れ、すぐに心地よい世界にお連れします。

姫・照れ

……アンジール……アンジール……きんつば……アンジール。

オーナー・笑顔

お嬢様。これからきんつばを料理し、できたてのあま~いあんこを……。

執事・笑顔

お嬢様。いちじくが熟れておりますよ。手折られる日を今か今かと……。

姫・照れ

んー……。

ばたり

姫・怒り

すぴぃすぴぃ。

オーナー・?

え……?

執事・悲しい

お嬢様! お嬢様!

オーナー・?

……ダブル催眠にかけられそうで、頭がショートしたのではないですか?

執事・怒り

お前はきんつばで釣っただけだろう。

オーナー・ニヤリ

フフ、兄弟子の往生際の悪さは変わらないのですね。

執事・悲しい

何だ、そのにやけた顔は。そんなことより……お嬢様を寝室にお連れしなければ……。

姫・怒り

んん……? あ、何だ、執事か。きんつばはどこじゃ。タルトも用意せよ!

執事・悲しい

お嬢様。

姫・基本

ん?

執事・笑顔

よくぞご無事で……。

ぎゅうっ

姫・怒り

く、苦しいっ! 何事じゃ!

オーナー・笑顔

私の催眠はいかがでございましたか?

姫・怒り

??

執事・怒り

いえ、お嬢様は催眠などにはかかっておりませんよ。

オーナー・ニヤリ

でも、現に――。

執事・怒り

実力もお嬢様への愛も私のほうが上でございます。

執事・笑顔

今度CDデビューもいたしますし。

そうだ、お嬢様。サンプルを差し上げます! 私の愛は永遠にあなたのものです!

姫・笑顔

CDか! ハイテクじゃな。

オーナー・笑顔

CDデビューなら私はもうしておりますが? ほら、プレミアがついた初回盤をさしあげます。

執事・照れ

……っっっ!?

姫・怒り

何と、甘味屋もか……ふんっ。気取った顔でジャケット飾りおって。

オーナー・笑顔

サインを差し上げましょう。さらさらさら。

姫・怒り

読めん。ちゅーか、いらん。

執事・悲しい

甘味屋に先を越されるなどと……。

姫・基本

ん? 執事、どうしたのじゃ。顔が青いぞ。いや、白い?

オーナー・笑顔

さて。馬に蹴られないうちに、今度こそ私は退散するとしましょうか。

姫・基本

馬などおらぬが?

オーナー・笑顔

……しかし残念ですね。美しいあなたを私のとりこにしてみたかった。

姫・怒り

はあ。

執事・照れ

……。

オーナー・笑顔

この貸しはすぐに返してもらいますよ、執事さん。

スタスタスタ

姫・基本

あいつ……もしやいろいろと残念なヤツなのか?

執事・照れ

お嬢様。もう甘味屋の声を聞いてはなりません!

姫・基本

は?

執事・悲しい

声だけでなく、その姿を目に入れるのも許しません。

姫・基本

何を言っておる?

執事・悲しい

お嬢様の美しい耳に語りかけて良いのは私だけです。

姫・怒り

しかしわらわは、きんつばはいるぞ。

執事・照れ

そ、それならば、いっそ私がいちじくのきんつばを――。

姫・基本

あ。なんだこれ。

『♪~……さあ、お嬢様の大好きな感応時間の……~』

姫・怒り

わっ! な、なんじゃ!?

執事・照れ

!? 私の声……? しかもこの台詞……!

姫・基本

心当たりがあるのか?

執事・照れ

……。これは、甘味屋の落として行った携帯でしょうか。

執事・基本

しかし何故、私の声が……。

姫・基本

その携帯、わらわがもらう。

執事・照れ

え……?

姫・笑顔

なかなか良いではないか。その声。

執事・照れ

あ、ありがたいお言葉です……。

あとで携帯を確かめてみたお嬢様。

どうやら他にも台詞があるようですね。

執事のどんな声が聴けるのか……

それは実際に皆様のお耳で聞いてみてくださいね。

次週は、第三話「お嬢様、日本へ」。

来週も見逃せません!

PR

恋の催眠騒ぎアイキャッチ

法人サービスのご案内

ひつじぐもと協業のご提案

PRや各種ゲームコンテンツの製作を承ります。イラスト制作、シナリオ制作、ゲーム開発、シチュエーションCD企画など。短納期のシナリオ制作も得意です。一度お問い合わせください。