第4話「メリークリスマス」

第4話 メリークリスマス

~前回までのあらすじ~

存分に日本旅行を楽しんだ執事とお嬢様。

2人はようやく、甘味屋の元までやってきたようです。

オーナー・笑顔

これはこれはお嬢様と執事さん。珍しいですね、今日は何用でございましょう?

姫・基本

ほれ。これを忘れておったぞ。

オーナー・?

? ……ああ先日から見当たらないと思っておりました。ありがとうございます。

執事・基本

いいえ。なければ困るでしょうに……。

オーナー・笑顔

そうですね。お嬢様にお会いするためのご連絡が取れませんからね。

執事・怒り

なっ……! 会う必要はない。

オーナー・ニヤリ

ふふ……そうですか。

姫・怒り

おい、甘味屋。それよりもわらわは疲れたぞ。お菓子を出してもてなさんか。

オーナー・笑顔

ああ、そうですね。これは失礼致しました。ちょっとお待ちください。

姫・基本

しかし甘味屋、このような店でもクリスマスツリーを飾るのか。

オーナー・笑顔

はい、女性はこういうものがお好きなようですから。

姫・笑顔

……キラキラしていて美しいものじゃな。

執事・笑顔

お気に召したようでしたら、お嬢様のお部屋にも飾りましょうか。

姫・笑顔

いや、良い。わらわはこれを見るだけで充分じゃ。

執事・照れ

……お嬢様。何と謙虚で可愛らしい……。

がしっ

姫・照れ

く、苦しいぞっ。やめんか、執事!

オーナー・笑顔

確かにお嬢様の幸せそうなお顔は、何とも言えぬ可愛らしさですね。

姫・照れ

なっ……。

執事・怒り

甘味屋。お嬢様を褒めたたえて良いのは私だけです。

オーナー・笑顔

おやおや。怖いお顔で。さて、私はお茶のご用意をして参りましょうか。

執事・基本

さっさとしてくれ。そして早く城に戻りましょう、お嬢様。

姫・怒り

わらわはクリスマスツリーが見ていたいぞ。

執事・悲しい

お嬢様……!

オーナー・笑顔

どうぞ、ごゆるりと。 ……あ。そう言えば、お嬢様のために入手した執事さんの携帯ボイス、聞いていただけましたか?

姫・基本

甘味屋の携帯に入っていたものか?

オーナー・笑顔

そうです。

姫・笑顔

おお! あれには驚いたぞ。わらわにもくれんか。

オーナー・笑顔

はい、差し上げましょう。ではこのCDについているシリアルで……。

姫・基本

フムフム……。

執事・怒り

ちょっと待て、甘味屋。

オーナー・笑顔

ん? なんでしょうか?

執事・怒り

何故、甘味屋が発売されたばかりの私のCDを……。

オーナー・ニヤリ

執事さんも欲しいのですか? だったらまだまだこんなにありますが。

どんっ

姫・照れ

っ!?

執事・怒り

!?? ……い、一体どれだけ……。

オーナー・笑顔

そうですね。1000枚は買いましたかね。

姫・照れ

ななっ……!

執事・悲しい

か、甘味屋……私はお前が分からない……。

オーナー・笑顔

そうですか? 執事さんの催眠もなかなか好評なものでして。甘味屋でも販売しているのですよ?

姫・怒り

貴様はどこまでもあくどいのう……。

オーナー・笑顔

いいえ? きちんと正規の値段で販売しておりますので。

執事・基本

では売上はすべていただこう。

オーナー・ニヤリ

何をおっしゃいますか。たんまり稼いでらっしゃるんでしょう?

姫・基本

ん? 執事も何か商売をしておるのか?

執事・悲しい

し、商売などでは……。

プルルルル

執事・基本

あ、電話が。ちょっと失礼致します。

執事・基本

……はい。はい、お金は私のスイス銀行の口座へお願いします。明細書は日本の方へ。今、日本におりますので。……では。

ピッ

姫・基本

何だったんじゃ?

執事・笑顔

いえ。何でもございません。

ピラピラ~

姫・基本

ん? 何か紙が降ってきたぞ。

オーナー・笑顔

もう例の振り込み明細書が届いたのですね。世界各国にイチジクを卸すのは、お忙しいですよね。

執事・基本

余計な事まで言わなくていい。お嬢様、明細書をいただけますか。

姫・怒り

ムム……ちょっと待て。甘味屋、これできんつば何個買えるんじゃ?

オーナー・笑顔

どれどれ……そうですね。ざっと10万個くらいでしょうか。

姫・照れ

じゅ、じゅ、じゅ……えええええええ!?

姫・基本

……と、待て。それは何日分じゃ?

オーナー・笑顔

そうですね。1日、100個召し上がられても1000日分くらいでしょうか。

姫・笑顔

おおおおおおお!!! 執事、今すぐこれ全部きんつばに変えるのじゃ。

執事・悲しい

お、お嬢様。それは……。

姫・笑顔

じゅるり……きんつば……10万個……。

執事・悲しい

そんな幸せそうな顔をされては……私は……私は……。

オーナー・笑顔

では、10万個急いで作らなければなりませんね。これは忙しくなりました。

執事・悲しい

あ、待て。甘味屋。まだ買うとは……。

オーナー・笑顔

そうですか? お嬢様はもう夢見心地のようですが?

姫・照れ

きんつば……きんつば……ん~……じゅるり……。

執事・悲しい

………ああ、お嬢様!

オーナー・ニヤリ

では、後ほど私の口座に振り込みお願いしますね~♪ とても素敵なクリスマスプレゼントになりそうですね。

お嬢様はもう、あま~いきんつばのことで

頭がいっぱいのようですね。

さて次回は第5話。

城に戻ったお嬢様と執事のお話のようですが……。

何者か、飛び入り参加もありそうな予感です。

次回「執事とお散歩」お見逃しなく!

恋の催眠騒ぎアイキャッチ

法人サービスのご案内

ひつじぐもと協業のご提案

PRや各種ゲームコンテンツの製作を承ります。イラスト制作、シナリオ制作、ゲーム開発、シチュエーションCD企画など。短納期のシナリオ制作も得意です。一度お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。