第39話「兄弟に聞け!」

第39話 兄弟に聞け!

山を降りてきたクモとサソリは、神社にたどり着きました。

サソリがなにか地面に書いているようですね。

クモ・怒り

本当にそんなもので、彼女が転生したか確かめられるのか?

サソリ・悲しみ

当たり前だ。っていうか、こんなことしなくても、あいつは間違いなく転生してるってのに……

クモ・怒り

貴様が行き先を間違えて、あんな雪山に連れて行くからだろうが

サソリ・基本

だからこうして、本当にあいつが転生したかどうか聞いてみるんだよ。ちょっと待ってろ

クモ・基本

さっきからなにをやっているのだ。地面にわけのわからん図を書いて……

サソリ・笑顔

ちょっとした儀式ってやつだ。魔法陣を書いて、あとはこのお札を設置して、っと……

ボン!

クモ・悲しみ

うぉ! 図形が爆発した!?

霊兄・基本

うーん……うるさいですね

霊弟・反省

なんなんだよー! せっかく気持ちよく寝てたのに!

サソリ・笑顔

よし、成功した

クモ・見下し

なんだこの少年たちは。これもまた人間ではないようだが

霊弟・普通

アンタたち、ボクたちのことが見えるの?

霊兄・基本

オレたちを呼び出す札を持っていること、札があるとはいえオレたちを呼び出せたこと……

霊兄・笑顔

どうやらただの人間というわけではないようですね

サソリ・基本

オレたちは、ある人間の魂を追ってる吸血鬼なんだ。お前らはあの世の住人なんだろ?

霊弟・意地悪

へぇ、吸血鬼か。だったら、ボクたちのこと知ってても不思議じゃないかも

クモ・笑顔

サソリ。お前はどこでこんな知識を……

サソリ・基本

お前と違って、見聞が広いんだよ

クモ・見下し

しかし、これは好都合だ。おい貴様ら。我らが探す彼女の魂が生まれ変わっているのか、教えてもらおう

霊兄・悲しい

やれやれ、人に教えてもらおうというのに、態度が大きい人ですね

霊弟・意地悪

あんまりエラそうにしてると、なんにも教えてあげないからね!

クモ・見下し

貴様こそ、子どものくせに口の利き方がなっていないようだな

霊弟・焦り

子ども!? ふざけるなー! ボクら兄弟は年を取ってないだけで、すっごく長生きなんだからな!

クモ・笑顔

長寿がどうした。私たち吸血鬼もずいぶん長生きだが、張り合うか? ん?

霊弟・意地悪

もー怒った! 兄さん、もう帰っちゃおうよ! あの子といっぱい遊ぶために、もっと寝なきゃ!

霊兄・意地悪

そうですね。確かに、今は起きる予定でもなかったし、かなり眠いですから……

サソリ・怒り

ちょ、ちょっと待った! せっかく呼び出したのに、そのまま帰られてたまるか!

霊弟・意地悪

ふんだ。ボクはぜーったいになんにも教えてあげないからね! だよね、兄さん?

霊兄・意地悪

オレは別にどっちでもいいですけどね

クモ・基本

ならば貴様でいい。彼女がそっちにいるのか生まれ変わったのか、教えてもらおうか

サソリ・怒り

なんでお前はそう偉そうにしてんだよ! ほら、謝って!

クモ・怒り

サソリやめろ! 私の頭にさわるんじゃない!

サソリ・悲しみ

ほら、こいつも反省してるからさ! ごめんなさいっ!

霊弟・普通

む~……そんなのでだまされないからね!

クモ・怒り

当たり前だ。誇り高き吸血種たるこの私が、こんな小生意気な子どもに頭など下げられるものか!

サソリ・悲しみ

すまん、ごめん! どこに行ったか、とまでは言わないから、あの世にあいつの魂がいるかどうかだけ教えてくれ

サソリ・悲しみ

クモの奴も、あまりに寂しすぎてちょっと最近イライラしてんだよ。おかげでこんなに白髪も増えちまって

クモ・怒り

ばっ!? 馬鹿者! 私の髪は白髪ではない!

サソリ・怒り

頼むから、ちょっと黙ってろよお前は!

霊兄・笑顔

面白い人たちですね。ちょっと眠気がさめてきましたよ

サソリ・笑顔

それじゃあ……

霊兄・意地悪

いえ、面白いので教えてあげません

サソリ・怒り

ドSかよお前は!

霊兄・基本

まぁ、そろそろかわいそうになってきたので、調べてあげましょうか

霊弟・反省

えー! 教えちゃうの?

クモ・見下し

最初からそうやって素直にしていればよかったのだ

サソリ・怒り

こらクモ!

霊兄・笑顔

それでは、ちょっと待っててくださいね

霊弟・普通

今回だけなんだからな!

ボン!

サソリ・悲しみ

ったく……なんでこんなに疲れてんだオレは

クモ・見下し

普通の吸血種であれば、体力的にもこの程度は平気のはずだがな

サソリ・怒り

なにが体力的だ! お前が原因なんだからな!

霊弟・普通

おーい、戻ってきたよー

霊兄・無表情

あなたたちが探している人の魂は、確かにこちらにはいませんね。聞き込みをしたら、転生するのも目撃されています

クモ・見下し

そうか。ご苦労だった

霊弟・普通

にーさん、やっぱりこいつ呪っちゃおうよ!

サソリ・悲しみ

それはカンベンしてくれ! じゃ、じゃあオレたちは行こう、な? クモ。ほら早く行くぞ! さよならー!

クモ・怒り

おいサソリ、ひっぱるな!

ダダダダッ!

クモ・怒り

えーい、手を離さないか!

サソリ・笑顔

はぁ……最後まで手間かけさせやがって。とにかく、あいつが転生してるのはこれで間違いないな

クモ・見下し

あの世の住人がじきじきに調べたのなら、私にも異論はない

サソリ・笑顔

やっぱりオレの嗅覚は間違ってない。さぁ、アイツを感じるのはあっちだ!

クモ・基本

今度こそ彼女に会えるのだろうな……

彼女の転生をハッキリ確かめたクモとサソリ。

次の目的地を目指すようです。

今度こそ、二人は彼女に出会うことができるのでしょうか?

PR

恋の催眠騒ぎアイキャッチ

法人サービスのご案内

ひつじぐもと協業のご提案

PRや各種ゲームコンテンツの製作を承ります。イラスト制作、シナリオ制作、ゲーム開発、シチュエーションCD企画など。短納期のシナリオ制作も得意です。一度お問い合わせください。