シナリオライター、グラフィッカーのような駆け出しクリエイターを応援する株式会社ひつじぐもの採用サイト。乙女ゲームやシチュエーションCDのようなコンテンツを製作する会社です。

シナリオのインターンシップ内容についてご紹介します

シナリオのインターンシップ内容についてご紹介します

こんにちは! 現在インターンシップで専門学校からひつじぐもに来ている小玉といいます。

自分は男性ですが、乙女ゲームのシナリオが持つ独特の世界観に興味を持ち、この世界を見てみようと思いました。

インターンシップ開始

3月10日よりインターンシップが始まりました。乙女ゲーアプリの制作です。まず最初は担当キャラクターの性格やプロフィールを掘り下げ、大まかなプロットを制作いたしました。

自分で考えたキャラを掘り下げる作業はとても楽しく、それをもとにプロットの骨を作ることは、これから物語がどう成長していくのだろうとワクワクしました。

……ですが、自分はなかなか話の流れがまとまらなくて、ちょっと苦労してしまいます。しかし他の方にも協力してもらい、なんとか物語の卵を生むことができました。難産でしたが、自分の大切な子どもが生まれた気がして嬉しく思いました。

まずはプロット作成

3月14日からは大まかに書いたプロットを起承転結に分けていきます。大まかなものを細かく切り分けることと、それぞれの分量の配分が大変でしたが、隠れていたストーリーがだんだん見えてきて、さらにワクワク感がつのります。

3月18日~24日は、その起承転結に分けたプロットを、ゲーム内の各章ごとのストーリーに分割し、詳細プロットを作成。物語をもっと華やかに彩っていきます。これも容量の配分に苦労しましたが、諸先輩がたにアドバイスをいただいて頑張りました。エンディングや追加シナリオも書かせていただき、創作のテンションは常にマックスです。

シナリオ執筆開始

そして3月26日、いよいよシナリオ執筆に突入です。ここではきっちり容量が決まっているので、1章ごとの文章の量に常に気を配って書き進んでいきます。なおかつストーリーのクオリティも維持していかなければならないので、もっと大変です。私と一緒に来たインターン生も、この部分で苦労しています。だいたいの人は苦しいところがあると思います。

しかし、自分で考えたキャラクターたちのセリフや行動を書いている途中は、これが実際にゲームの画面中で踊ってくれると考えると、創作テンションが上がり、それがモチベーションにつながっていきます。

ゲーム内に現れる選択肢も、ここで挿入します。選択肢それぞれのルートのシナリオを執筆、ストーリーの合流地点まで書きます。キャラの好感度を左右するものを自分で書くのは、神様になったみたいで楽しいです(笑)時々、選択肢の内容を迷うこともありますが……。

そして今(4月10日)は絶賛シナリオ執筆中です。最強の乙女ゲームシナリオ目指して日々進んでおります。

ひつじぐもは猫もいて、とても楽しい雰囲気で仕事ができます。

みなさんも一緒に、夢に向かって突き進みましょう!

お知らせ・最新の採用情報

More
Return Top