直感がきっかけでインターン生に シナリオライター職インターンシップ3ヶ月を終えて

人生は学びだ かほく麻緒直下・ひつじぐものシナリオライター職インターン募集を読んで、第1回シナリオライター長期インターンシップ生としてシナリオを執筆する江原さん。応募したきっかけや想い・こだわりについて伺いました。

江原さん

某大学3年生文学部。接客業のアルバイトを掛け持ちしながら週2回、インターンシップに通う。もともとさまざまな乙女向けコンテンツに関心があった。女王蜂の王房では「かわいいかわいい燐が好き」と語る。

photo by unsplash.com

photo by unsplash.com

― インターンをしようと思ったキッカケは?

直感で「私は今これがしたい!」と強く思った

江原さん 募集の記事を見たときに、憧れていた言葉に関わる仕事が具体的な形で目の前に現れました。

直感ですが「私は今これがしたい!」と強く思ったのがキッカケです。知識や経験がなかったので、落ちても構わないから課題を出して駄目なところを知りたいと思い応募させて頂きました。インターンをしたいというよりも、まずは一歩目を踏み出せればという気持ちだったのですが、結果的にこうしてインターン生として学ばせていただくことになりました。

― インターン中の仕事内容を教えてください。

アプリゲームのシナリオを書いています

江原さん プロットをもとに、アプリゲームのシナリオを書いています。どの仕事も作業は同じですが、それぞれに決まりや形があり、常に新しいものに挑戦している気持ちになれます。

― どんな働き方をしていたか教えてください。

江原さん 週に2日のペースで通い、そこで終えられなかったものは自宅で作業をしていました。

― インターン中に楽しかったこと、心に残る体験を教えてください。

自分の書いた文章にキャラクターの立ち絵や効果音、演出がついた

江原さん プロットをもとにしてはいますが、自分の書いた文章にキャラクターの立ち絵や効果音、演出がついたときは嬉しかったです。

― インターンを通じて成長できたと思うところは?

終わるとけろっとしていつも笑っています

江原さん 苦労したことは、日に日に記憶として薄れていくのであまり覚えていません。ただ、慣れるまではほんのわずかな作業も大変だなと感じていました。

自分の文章をどこかに出す機会がこれまでになかったので、自信もないまま飛び込んだのですが、そのせいで何度も自分の書いたものを「不自然だ、面白くない」と感じることがあり、その度に詰まりました。それでも期限のあるものなので、限界を認めて白旗を上げることはしたくありませんでした。

自分の中で勝手に諦めて投げ出さなかったことは、成長につながったと思います。終わるとけろっとしていつも笑っています。

― なぜインターン先として他社ではなくひつじぐもを選びましたか? もし他社でインターンもしていたら違い等も教えてください。

江原さん 他社のものを見る前に決めていたので、選んだことについてはなんとも言えません。その後に興味からいろいろな会社のインターン募集を見ましたが、ここにすれば良かったと思ったことはありませんでした。

かほく麻緒さんの募集記事を読み、それを通してひつじぐもさんの奥にきちんとした人影が見えたことが決定打だと思います。

― 次に来るインターン生へのメッセージやアドバイスを教えてください。

大好きなものや興味のあることに夢中になってください

江原さん まずは、大好きなものや興味のあることに夢中になってください。そして、それがシナリオなら「当たって砕けろ!」という気持ちでやってみてください。

私がそうであったように砕けないかもしれません。砕けても無くなったことにはならないので、もう1度つなぎ合わせて挑戦してみれば次は上手くいくかもしれません。私もまだまだ未熟者ですが、こうして3か月目を迎えることが出来ました。誰かにしか書けない言葉が、別の誰かにとっての特別な言葉になるかもしれません。そう思ってもらえる日が来ることを願って私も精進します!

― 江原さん、ありがとうございました。

マネージャーのかほくより

大好きな金魚と共に……

シナリオライター職のインターンを募集してすぐ、一番乗りで手をあげてくれたのが江原さんでした。Twitter(@kahokumao)のDMで熱のある長文を送ってくれたのが印象に残っています。

非常にモチベーションが高く、やる気にあふれていた江原さんは、自宅でも自分のかかわるタイトルを実際にプレイしてやりこんできたり、指示していなくても自主的に学び取ろうとしたりして、3ヶ月が経つ現在では、プロのシナリオライターと肩を並べておかしくない実力になりました。

個々の能力を見極めてそれを生かせるような作業内容、作業スケジュールを組んでいるのですが、江原さんの場合、文章が女性的で乙女ゲームに向いていたので、最初からがんがんシナリオを書いてもらいました。

彼女はキャラクターの把握がとても上手で、それにとても素直なので私の指導した方法を最後まできっちり守ってキャラ把握をしてくれていました。きっと、これからも魅力的なキャラクターを描いてくれると思います。

江原さんは今後、引き続き弊社に通いつつ、プロのシナリオライターとして活躍する予定です。

3ヶ月間おつかれさまでした。これからもよろしく!

インターン学生の江原さん、かほくさん、お答えいただきありがとうございました。
インターンシップのエントリーを考えている人達にとって、
この記事がエントリーするきっかけとなれば嬉しいです。

インターンシップ募集要項

日時
2017年1月上旬頃〜最低3ヶ月程度
実施場所
東京都武蔵野市境2-2-18 MHビル301
募集人数
2名程度
資格・対象
大学生・大学院生・社会人の方(学年は問いません)で30歳くらいまで

●必須の条件
・家族所有でなく、個人所有のPCをお持ちで、マイクロソフト社のWord、Excel、PowerPointをインストールしている方
・シナリオライターになりたい方
・長時間に渡って長文を書くことが苦ではない方
・30歳くらいまでの年齢で執筆時間がある程度取れる方

●あると望ましいスキル
・ブラインドタッチができる方

仕事内容
ゲームシナリオの執筆等
実際に配信されるシナリオを執筆します。 3~6ヶ月で独り立ちしていただくことを目標といたします。
勤務時間
・週2日 1日4時間程度(曜日や時間は融通できます)
・オフィスへの最低週2回の出勤と在宅(リモート)の組み合わせ
・3ヶ月以上の中長期インターン
報酬
文字単価によるお支払い
その他
シナリオライターになるのが最終目標のため、基本的に、中長期のインターン生を募集しております。
交通費支給(月15,000円まで)

ご希望の方は、以下のエントリーフォームからご応募ください。

業務委託でお付き合いいただけるパートナーも継続して募集中

法人サービスのご案内

ひつじぐもと協業のご提案

PRや各種ゲームコンテンツの製作を承ります。イラスト制作、シナリオ制作、ゲーム開発、シチュエーションCD企画など。短納期のシナリオ制作も得意です。一度お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。