もう一度、初恋とは

もう一度、初恋とは

病み無しいちゃらぶハッピーエンドを忠実に。

もう一度、初恋」の名にふさわしい、聴いていて思わずニヤニヤしちゃうような、甘いときめきをお届けします。

――最後に恋したのって、いつだっけ?

疲れているのかもしれない。

日々に追われていくうちに、心はどんどん渇いていく。

子どもの頃、自分はシンデレラだと信じてた。

いつか王子様が迎えに来てくれるって。

でももう、自分が何者でもないってことは、痛いほどわかってる――

そんな時に出会った“カレ”が
身も心もゆだねる気持ち良さを教えてくれた――

思い出すかつてのときめき。不安。喜び。

「人を好きになんて二度となれないかもしれないって思ってた」

社会人になったあなたにこそ聞いてほしい、二度目のそして最後の初恋のお話。