感応時間4 収録レポート

「感応時間4」のライター、田中です。収録に行ってまいりました。

今作の催眠をかける人物は、誰にも囚われず、自分以外を人とは思わない奇術師です!

そんな彼が唯一輝けるのは、舞台。

舞台に役者がそろったとき……さて、どうなるのでしょう。

奇術師ワールドが始まろうとしていました。

収録当日の様子

収録当日。

朝から雨が降る中、森川智之さんが現場入りされ、打ち合わせが始まりました。

打ち合わせが終わり、どんな奇術師が見られるのかスタッフ一同心を躍らせながら、台本に目を落とします。収録ブースの中の森川智之さんがダミーヘッドマイクと向き合います。森川智之さん演じる奇術師が作りだす、魅惑的で危険な舞台の始まりです。

感応時間4収録風景_収録中

森川智之さんの言葉は魔法のようです。時には甘く、時に意地悪に響くその声に、いつの間にか奇術師のオモチャになった気分。

奇術師の作りだした舞台では、一度足を踏み入れれば、目当てのモノは逃がれる事はできません。なぜなら、奇術師の今一番のお気に入りは、貴婦人であるリスナーなのですから。

彼女は夫を裏切るというタブーを犯してまで、奇術師に囚われることを選びます。

彼の執拗な責めの言葉を愛し、感じてしまう。もがけばもがくほど……奇術師の偽愛にはまってしまうのです。

オモチャはオモチャのように……お気に入りな女性を自分の好きなように扱う……。

それが森川智之さん演じる奇術師というキャラクター。

感応時間4収録風景_2

森川智之さん曰わく、このキャラクターは、「感応を囁くために産まれてきた存在」

この収録を経て、それにも頷ける出来栄えだと実感しました。

意地悪な言葉を巧みに操り、執拗にねだらせる奇術師……彼の言葉をずっと聞いていると、自分が奇術師の……モノだと思えてしまうのです!

そうそう、今回もダミーヘッドマイクには手こずらされました。しかし、そこはリスナーの皆様に少しでもよりよい感応なる世界を楽しんでもらいたいという一心。

森川智之さんと、どの角度からが深く、低く囁かれるのか、何度も確認しながらできあがりました。

素晴らしい感応なる世界を演出していること間違いなしです!!

こだわった奇術師の「キス」

今回もやはり、キスの音に凝ります。キスは特別…甘く、ねっとりとしたキス……。

奇術師を頭の中にイメージし、森川智之さんの心地いい声を聞きながら、唇と唇と重ね合わせてみませんか…?

キス音を台本にあるよりも多く、アドリブでキスの回数を増やしていただきました。増やした箇所……わかっていただけるでしょうか? 今からどきどきしてます。

そして、そして、最後のセリフ。

この一言を聞けば、奇術師の心がわからなくなります……。彼の本音を確かめたくて、きっともう一度聞きたくなるのではないでしょうか。

最後の最後まで、本当に人を惑わせる罪な奇術師に仕上がっていますよ。

また、初回特典のフリートークは森川智之さんならではのユニークな仕上がりになっています。ぜひぜひ、本編と一緒に聞いて頂きたいです!!

さて、そんな森川智之さんからのメッセージですが、ひつじぐもではTwitterを利用して実況しています! Twitter上では、呟くために、森川智之さんのメッセージを簡略していますが、ここでは仰ったままをお伝えいたします!

森川智之さんからのメッセージ

「感応シリーズ大好き! と名乗りでるのは強者です。こそこそ楽しんでいただけたらと思います。自分なりに頑張ったのでお楽しみ頂けたら嬉しいです」

本編を外で聞くのはちょっと……という読者の皆様も安心です。特典には携帯ボイスがついております。

どこにいても、誰からの連絡でも森川智之さん演じる奇術師に出会うことが!

面白いものから、ちょっと恥ずかしいものまで……。色々とありますので、是非お気に入りのセリフをご使用くださいませ。

感応時間4収録風景

発売は6月22日です!

紳士淑女の皆さま…感応時間4の応援、どうぞよろしくお願いいたします。

(レポート/田中あお)

PR