声優研究~虚役:いちごみるくさん、燐役:魁皇楽さん、皇樹役:ワッショイ太郎さん

女王蜂の王房声優研究、今回は輝夜編です。

引き続き男性目線で女王蜂の王房の声優さんをレビューしていきたいと思います。今回は輝夜編の声優、虚役いちごみるくさん、燐役魁皇楽さん、皇樹役ワッショイ太郎さんについて思ったことを書いていきます。

オーソドックスなラブストーリーだっためのう編と比較して、輝夜編は影となるストーリー。マニアックな内容ともあいまって、声優さんの演技も熱が入っていたと思います。

女王蜂の甘美なる交合 第二章 虚(CV. いちごみるく)

女王蜂の甘美なる交合 第二章 虚(CV. いちごみるく)

コミカルな3枚目役を確実に演じる~虚役 いちごみるくさん

虚を見た時には「クールな2枚目キャラ」だと思いましたが、その声を聞いてイメージが崩れました。いい意味で。完全に3枚目のネタキャラでした。

最初は正直、虚のフォルムといちごみるくさんの声が一致していなかったのですが、物語の最後にはこの声でなければ虚ではないと思えるようになりました。ただ、軽いだけなんじゃないんですね。どこかに強い意志を感じる、これはいちごみるくさんだからこそできる演技だと思います。

コミュ障でオドオドしている、しかし不快には思いません。おそらく女性プレイヤーの方も同じ印象なのではないでしょうか? 弱点が見えるキャラは感情移入しやすく、嫌いになれないのだと思います。

女王蜂の甘美なる交合 第四章 燐(CV. 魁皇楽)

女王蜂の甘美なる交合 第四章 燐(CV. 魁皇楽)

ショタキャラなのに芯が通った演技~燐役 魁皇楽さん

2人目はショタキャラである燐を演じられた魁皇楽さんです。燐は唯一、輝夜が「守りたい」と思える存在。その生い立ちや境遇は同情すべきところも多く、おそらくプレイヤーのお姉さんたちの母性本能を刺激するのでしょう。これが男性向けゲームで性別を反転させるとロリキャラですね。うん、ありかも。

が、燐を演じる魁皇楽さんは、よくいるアニメのショタキャラ担当の声優さんとはまた違った演技をします。女性と聞き間違える声というわけではなく、その演技は凛々しく、正義感にあふれているようにも聞こえました。

燐がその境遇から輝夜を頼らざるを得なかったわけですが、精いっぱいの強がりとしっかりと通った「芯」が感じ取れます。私も少年期にこういう美少年になりお姉さんに構ってもらいたかったなぁと思うわけです。

皇樹役:ワッショイ太郎さん

女王蜂の甘美なる交合 第六章 皇樹(CV. ワッショイ太郎)

過激で最も攻撃的なキャラを熱演!~皇樹 ワッショイ太郎さん

最後はおそらくこのゲームで最も過激でサディスティックなキャラクターである皇樹を演じたワッショイ太郎さんです。そのコミカルな芸名とは裏腹に女王蜂の王房で演じたのは、攻撃的である意味「中二病」的な特殊能力を持ったいい意味で「イタイ」キャラクターでした。

輝夜の子宮をえぐり出すシーンなどは直接的なグロが少ないこのゲームでは異質。しかし、それをよどみなく演じ切りかつギャグにならないワッショイ太郎さん、輝夜の悲しい境遇を全て受け止めてくれるような「大人の演技」をしてくださいました。

自分はこういう男性像にあこがれますが絶対になれないなぁと思うわけで、こんなことが許される雰囲気を作ってしまうワッショイ太郎さんは凄いですね。

(リンドウ)

女王蜂の甘美なる交合 第二章 虚(CV. いちごみるく)
採用

ひつじぐもではこんな仲間を募集しています

  • 自分が「面白い」「素敵だ」と思うコンテンツの軸がある
  • 周囲と競い合いながら成長したい
  • プロセスよりも結果で評価されたい
  • 仕事の充実が人生において重要
  • リスク>安定

もし上記が当てはまるようであれば、あなたはひつじぐもの仲間と仕事の価値観が似ています。一緒に面白い事をやってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。