冬ノ熊肉さんの雨にまつわる意外な思い出とは? 「大人の夏休み 配達クルー・水城信太郎の場合」冬ノ熊肉さん公式インタビュー到着!

「大人の夏休み 配達クルー・水城信太郎の場合」冬ノ熊肉さん公式インタビュー

夏の風物詩をテーマにしたシチュエーションCD『大人の夏休み』シリーズが、連続4ヶ月でリリース!第3弾となる『大人の夏休み 配達クルー・水城信太郎の場合』が2020年9月25日(金)に発売されます。収録を終えた水城信太郎役・冬ノ熊肉さんから公式インタビューが到着したのでご紹介します!

『大人の夏休み』とは?

夏の風物詩をテーマに、イチャラブ・胸キュン・ノスタルジーにこだわった音声ドラマ企画です。

むせ返るような暑さの中貪り合い、溶け合うように激しく交わる二人を、田舎の癒される夏のシチュエーションとともにたっぷり詰め込んだ本作では、毎日聴きたくなるようなエモいワンシーンをお届けします。

※本作は、18歳以上の女性向けシチュエーションドラマCDです。
※全編ダミーヘッドマイク仕様。

冬ノ熊肉さん公式インタビュー

――演じられたキャラクターの魅力をお伺いできますでしょうか。

水城信太郎役・冬ノ熊肉さん(以下冬ノ熊肉): 信太郎くんはとても明るく積極的に話す性格で、この明るさが押しつけがましくないといいますか、むしろ心地好く「あ、この人明るくて接しやすい人なんだな」と思えるような人柄です。接するうえで、自然と相手の心の壁を低く出来るようなコミュニケーション能力をもった男性だなと思います。

――そういった面は演じるうえで意識されましたか?

冬ノ熊肉: そうですね、下手に警戒心を抱かせないようにというか。本人はそれらを狙ってやってるわけではなく、無意識に相手のコミュニケーションのハードルを下げることができる人物です。ただ逆に、男としていくときはいくっていう積極的な力強さも併せ持っているところが魅力でした。

――ありがとうございます。では、今回の収録で印象に残ったシーンのご紹介をお願いします。

冬ノ熊肉: 信太郎が主人公に対する気持ちが強くなったというか固まった瞬間であろう、バス停の雨宿りシーンですかね。男女ふたりがバス停で雨宿りをしながら笑いあって会話をして……というのが、きっと誰しも憧れるようなシチュエーションだなと思い、そこが個人的にはオススメです。

――憧れのシチュエーションですか?

冬ノ熊肉: はい、私自身も経験してみたかったシーンでもあるので、個人的にはいいなあと思いながら演じましたね(笑)

――ありがとうございます。次に、印象に残っているセリフやお気に入りのセリフはありますでしょうか。

冬ノ熊肉: 『当たっちゃったんだ。スポットライト』というセリフですね。信太郎くんが自分のことをロマンチストだと茶化しながら言うシーンもあるのですが、だとしてもこのセリフをさらっと真摯に伝えられるのがすごいなと思いました。主人公に一目ぼれをしたということを、こんなにウィットに富んでかつ真剣に伝えられるなんてなかなか無いなと思うので、ぜひそこを楽しんでもらえたらと思います。

――次の質問です。雨のシーンが多く登場しましたが、雨にまつわる思い出は何かありますか?

冬ノ熊肉: 私ですね、すごい高確率で傘を持っていかれるんです。ひとつすごく悔しかった思い出は、出先で傘がないと厳しいなというくらいの雨が降り始めてしまったので、コンビニで傘を買ったんです。そして次の現場に移動して、終わってから近くのコンビニでちょっと飲み物を買って出たら、もう傘がなかったという……。時間でいうと傘の購入から3時間ないくらいの間でお別れしてしまった、すごく短い傘との逢瀬がありました。あれは悔しかったです。

――それは悔しいですね。傘運だけがないんですかね?

冬ノ熊肉: そうなんですよ(笑) 私自身忘れっぽいというのもありますが、そのおかげか家にビニール傘はたまらないですね。盗られたり、忘れたりばかりで。

――どうせ盗まれるならビニール傘でいいやってなりそうですね。

冬ノ熊肉: はい。みなさん、盗むのはダメですよ。私の傘を盗った人にも言いますけど、本当にダメですよ!? ダメなんですけど、心理的にビニール傘とちょっと良さげな傘が並んでると、きっとビニール傘の方が持っていきやすい心理にはなると思うんです。だから本当だったらいい傘を買う方がいいと思うんですが、こうも傘が手元に残らないとちょっとトラウマになるので、どうしても安い傘を買ってしまいますね(笑)

――では次の質問です。田舎で丁寧な暮らしをする信太郎ですが、『自分丁寧な暮らししてるな~』と感じる瞬間はありますか?

冬ノ熊肉: 私は非常にめんどくさがり、かつ雑に生きているのですが……。靴だけは大事にしています。スニーカーでもブーツでも、革の靴が好きなのでその靴を磨いているときはすごく丁寧にやってるな~とは思いますね。

――ありがとうございます。次の質問です。花火をするなら、派手に打ち上げ花火か、しっとり線香花火のどちらが好きですか? 選んだ理由も教えてください。

冬ノ熊肉: 打ち上げ花火ももちろん好きなんですが、どちらかというとしっとり線香花火派です。花火大会に行ったときって、楽しい気持ちのまますぐ帰りたくてもなかなか進めないイメージあるじゃないですか。私は人ごみがあまり得意ではないので、それなら今回のCDにもあったように家でしっぽりふたりで線香花火を見ながら会話をするというシチュエーションがすごく素敵だなと思います。マイペースにゆっくり出来るという意味でも、いいですよね。

――ありがとうございます。では、オススメの夏の乗り切り方について教えてください。

冬ノ熊肉: はい。名前が冬ノ熊肉とあるように、私は冬が得意で夏が本当に苦手なんです。なのでとにかく、水分をいっぱい取るようにしてますが、水だけにしないようにしています。なるべく電解質のあるスポーツドリンクやミネラルの多い麦茶だったりとかを飲みながら、無理せず冷房をつける。熱中症になったら大変ですから、水分をいっぱいとって、冷房をつけて、外に出なくていいんであれば外に出ないインドアな過ごし方をすることで、私は夏を乗り切っております。

――では最後に、CDの発売を楽しみにされているファンの方へメッセージをお願いします。

冬ノ熊肉: 今回は大人の夏休みということで、学生時代経験した夏休みとはまた違った香りや雰囲気がこのCDには込められていると思います。大人になると、お盆などで帰省したときに実家でゆっくりすることも多くなってくると思いますが、その中に水城信太郎というスパイスを加えてくださって、まったり優しくもちょっぴり刺激的で熱い夏休みを疑似体験していただけると嬉しいなと思います。なにとぞ信太郎のことをよろしくお願いいたします!

――ありがとうございました。

冬ノ熊肉: ありがとうございました!

■CD『大人の夏休み 配達クルー・水城信太郎の場合』商品情報

タイトル:大人の夏休み 配達クルー・水城信太郎の場合
発売日:2020年9月25日(金)発売
価格:本体2,500円+税
発売元・販売元:ひつじぐも

【出演】
冬ノ熊肉

【公式サイト】
https://hituzigumo.com/p/otonatsu/

大人の夏休み 配達クルー・水城信太郎の場合