未経験可?志望動機「好きだから」はあり?すべて正直にお答えします! – 「ドラマCDディレクターって何するの!?ひつじぐもの製作舞台ウラ」

未経験可?志望動機「好きだから」はあり?すべて正直にお答えします! – 「ドラマCDディレクターって何するの!?ひつじぐもの製作舞台ウラ」

全5回にわたって連載してきたこのシリーズも、とうとう今回で最後となります。ラストを飾るテーマは、ズバリ「私でもひつじぐものドラマCDディレクターとして働ける?」。かなりぶっちゃけた話になっていますが、これが偽らざる私たちの本心です。

新しい職場で働くって人生の大きな転機だから、不安もたくさんありますよね。だからこそひつじぐもがどういう会社なのか、どんな人と一緒にお仕事がしたいのか、正直にお伝えしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。

ディレクター職は未経験。でも務まりますか?

前提として今回の募集は、実務経験のないほぼ未経験の人からの応募を想定しています。だからこそアシスタントとしてディレクターの補佐からスタートしていただき、徐々にステップアップしてほしいし、あなたにもそのつもりでいてほしいのです。

なので結論としては「未経験OK!」です。が、もう少し突っ込んだ話をするのであれば、ここまで紹介した仕事内容の中に「これなら、今までやった仕事に似てるかも!」と思える方にぜひぜひチャレンジしていただきたいです。

ディレクターの経験がなくても、活かせるスキルはいろいろあります。シナリオライティングに携わっていたとか、ゲームプランナーのスキルがあるとか。そういった経験をお持ちなら、ドラマCDディレクターの仕事も取っつきやすいはずです。その他、書籍や雑誌の執筆や編集経験、同人活動なども十分強みになります。

それに加えて日頃からドラマCDに慣れ親しんでいる人なら、きっと活躍していただけるはずです!

逆に、仕事でも私生活でもまったく創作活動に関わったことがない方、これまでにご紹介した業務内容で具体的に何をするか想像もできない、という方は難しいかもしれません……。

渉外や企画……苦手な業務が含まれていると難しい?

ドラマCDディレクターの仕事は、1つのことを突き詰めれば良いものではなく、いくつもの業務を同時進行で行う必要があるのは、既にご説明した通りです。

そうすると当然、「これは得意だけどこっちは苦手」というケースが出てきます。例えば、文章作成は得意だけどお店との打ち合わせは苦手だなとか、コミュニケーション力はあるけど企画を生み出す力がいまいち……とか。

もちろん、すべての業務を完璧にこなしてくれるスーパーマンみたいな人がいれば百人力ですが、誰にだって得意・不得意がありますし、実際には難しいですよね。だから苦手分野があっても、それを理由にあきらめる必要はまったくないです。

ただし「苦手です」で終わることなく、「苦手だから、じゃあこうしてはどうだろう」とか「こういうサポートが欲しいです」まで考えられる姿勢はほしいところです。例えば企画を出すのがミッションになったとして、それが苦手なら、シナリオライターさんにアイデアを出してもらって自分は社外との交渉に徹する、などですね。(ただディレクターは企画そのものよりも企画を具現化するスキルが重視されますのでこれは一例です)

個人でなく会社全体、プロジェクトやチーム全体で結果を出すために、自分は何ができる? 何をしたら良い? という目線で考えられることが大切です。それさえできていれば、苦手な業務があっても問題ありません。

ドラマCD大好き!っていう志望動機はあり?

ありです! ……というか、音声作品は好きの気持ちや情熱がないと続けられない仕事だと思うので、経験者ならともかく、未経験者なら必須なのではないでしょうか。

もちろん仕事としてやっていくなら、やる気や情熱だけでは難しいところもあります。でも、やる気や情熱がなければ絶対にうまくいかない。

だから「ドラマCDが好きだから、ドラマCDを作る仕事がしたい」という気持ちは大事にしてほしいですし、「こういう企画にこういう方をアサインさせたい」くらいの情熱は持っていて当たり前だと思います。私たちも日々そういう気持ちで仕事に取り組んでいます!

ひつじぐもの作品の特徴は?

ひつぐもの作品の特徴をズバリ挙げるなら、

  • ストーリーを重視している
  • 各キャラクターにしっかりと個性がある
  • パッケージに至るまで世界観にこだわっている

この3点でしょうか。ドラマCDはたくさんのレーベルから販売されているので、それぞれの「色」があります。聞き比べてみると、その作品がもっとも重視しているのがストーリーなのかシチュエーションなのか、なんとなくわかるはずです。

ストーリーを丁寧に作り込み、ヒロインを含めたそれぞれのキャラクターがきちんと”立っている”こと。そしてその世界観、物語を表現する1つの手段としてパッケージの細部にまでこだわりを持つ。これがひつじぐもの特徴です。

画像は、「吸血ウイルスVからの生存」シリーズのブックレット。謎解き仕様になっており、3ページ目をひっくり返すと解答が見られます。これも、お客さまに楽しんでいただく工夫の1つです。

このように、1つの作品に対してすごく丁寧に向き合っています。こだわりたい、自分のアイデアを形にしたい、そういう人にとってはとてもやりがいのある環境だと日々感じます。

情熱とビジョンをお持ちのあなたをお待ちしています

全5回にわたり、「ドラマCDディレクターってどんな仕事?」についてお届けしました。業務内容だけでなく、仕事の楽しさややりがい、そしてひつじぐもで働くからこそ得られるものがお伝えできていれば嬉しいです。

最後に、「こんな人と一緒にお仕事がしたい!」という私たちの希望をちょっとだけ。それは、作りたい作品や実現させたいビジョンがある……そういう熱い思い、モチベーションを持っている人です。

連載の中でもお伝えした通り、この仕事は好きと情熱とやる気だけでやっていくのは難しいかもしれません。でも、好きと情熱とやる気がなければ絶対に続かないんです。

私たちと一緒に「どんな作品がお客さまに喜んでもらえるか」を、追求する人とお仕事がしたい。それで欲を言えば、ひつじぐもの作品が好きだと言ってくれる人なら、なお嬉しいです。

「情熱」を仕事にしてみませんか? あなたのご応募、お待ちしています!

ドラマCDディレクターって何するの!?ひつじぐもの製作舞台ウラ

  1. ドラマCDができるまでを見守り、導く人。それがディレクター
  2. ドラマCDディレクターの仕事内容①:企画~製作まで
  3. ドラマCDディレクターの仕事内容②:製作~発売まで
  4. ドラマCDディレクターのスキルアップ、キャリアアップ
  5. 未経験可?志望動機「好きだから」はあり?すべて正直にお答えします!

シナリオライター・プランナーを募集中

「音声作品」、「女性向けゲーム」、「一般向けゲーム」のシナリオライター・プランナー(主にプロットを作業)を募集しています。※完全在宅

副業・業務委託等様々な雇用形態に対応しています。